忍者ブログ
Admin / Write / Res
<< 10   2017/11   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30     12 >>
[6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
[PR]
2017/11/23 (Thu) 07:12
Posted by No Name Ninja
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/09/02 (Sun) 13:50
Posted by No Name Ninja
最近ではホームユースとしてのパソコンユーザでも、2台目、3台目といった複数台のパソコンを利用しているケースが増えつつある。
従来から利用していたデスクトップパソコンに加えて、外出時にも持ち歩くことができ、しかもビジネスにもプライベートにも使い分けが簡単にできるノートパソコンを購入したり、また昨今の家庭内でのパソコン利用率の高まりを考えると、家人や子供専用のパソコンというニーズもかなりあるのではないだろうか。パソコンの進化の速さから、1年前に購入したパソコンはすでに旧モデルとなり、スピード・機能ともにそれほど変わらないにしても、新しいパソコンに買い換えたいと考えるユーザも多いはずだ。
いずれにしろ複数台のパソコンをひとつの場所で利用するならば、それらをなんらかの方法で接続してデータを共有できないか!?と考えるのが当然である。

WiMAXによる新しい市場の創造
WiMAXは無線で高速なデータ通信を行うことを目的として標準化された規格なので、電話のために最適化された規格ではありません。しかし、SIPというIPネットワーク上でも音声や映像などを伝送できるプロトコルが、IETFで標準化され普及してきたため、音声通信は「IP電話」としてサービスが提供されるようになってきました。そのため、WiMAXでもVolPが重要なアプリケーションと考えられています。
WiMAXによるワイヤレス・ブロードバンドによって、市場ニーズに対応したサービスの提供が期待できます。WiMAXは無線LANスポットのバックホール回線として利用できます。公共サービスとして映像などを用いた行政サービスをはじめ、災害時の緊急連絡などにも利用できます。
開発途上国におけるワイヤレス・ブロードバンドも経済的に実現できるようになります。これは、WiMAXそのもののインフラ・コストが安いためです。
ソフトバンクは福岡でもキャッシュバック
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright ©  MOTO日記 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]